写真撮影のコツ

狙うは晩秋~初冬の平日!都市夜景を綺麗に撮るコツ

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

都心部のビル群が織りなす煌びやかな夜景、とても美しいですよね。

そんな煌びやかな都市夜景を綺麗に撮ってみたいという方も多いと思います。

そこで今回は、綺麗な都市夜景の撮るにあたってのコツを紹介していきます。

都市夜景の撮影に必要な機材

さて、都市夜景を撮影するためには以下の機材が必要になります。

  • カメラ(一眼もしくはコンデジ)
  • 交換レンズ
  • 三脚

また、必要に応じて以下のアイテムも用意しておきましょう。

  • レリーズ
  • 暗幕(レンズスカート、忍者レフなど)
  • 防寒対策(主に冬場)

それぞれ、詳しく紐解いていきます。

カメラ

まずは都市夜景の撮影に適したカメラを選んでいきます。

都市夜景の撮影は基本的に長時間露光となるため、最大30秒程度のシャッタースピードに対応したカメラが必要になります。

一眼カメラであれば、基本的にどの機種でも長時間露光に対応しています。

また、SONY RX100シリーズRICOH GRシリーズなどの一部のコンデジについても、長時間露光に対応しています。

交換レンズ

一眼カメラを使用する場合は、交換レンズも必要になります。

都市夜景の撮影は三脚を用いての長時間露光が基本となるため、特別明るい(F値の小さい)レンズは必要ありません。

焦点距離については撮影シーンによって変わってきますので、必要に応じて選んでいきましょう。

沼への誘い!?被写体・シーン別交換レンズの選び方皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの醍醐味といえば、なんといって...

三脚

都市夜景の撮影は基本的に長時間露光となるため、お使いのカメラの他に三脚が必要になってきます。

こちらも使用するカメラやレンズの重量などによって最適な三脚が変わってきますので、機材に応じて最適なものを選んでいきましょう。

押さえるべきポイントは3つ!一眼カメラ用三脚の選び方皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 緻密な構図作りや夜景や花火などの撮影に欠かせない三脚。 とこ...

場所によっては三脚の利用が禁止されていたり、制限があります。

現地の指示に必ず従うようにしましょう。

レリーズ

可能であればレリーズも用意しておくことをおすすめします。

三脚だけでも手ぶれの発生を大幅に抑止できますが、カメラのシャッターを直接押すと振動が伝わり、ブレが起こってしまう可能性があります。

暗幕(レンズスカートor忍者レフ)

都市夜景を屋内から撮影する場合には、写り込み対策として暗幕を用意しておくと便利です。

基本的にはレンズを窓ガラスに近づけるだけでも写り込み防止に大きな効果が得られますが、それでも完全に除去するのは難しい場合があります。

そのような場合には、レンズスカートや忍者レフといった暗幕を使用することで対策することができるようになります。

実際に暗幕(忍者レフミニ)を使用しないときと、使用したときの写り込みの違いは次の通りです。

屋内からの都市夜景撮影における写り込み(忍者レフ未使用時)忍者レフ未使用時
屋内からの都市夜景撮影における写り込み(忍者レフ使用時)忍者レフ使用時

忍者レフ使用時レンズを窓ガラスに近づけただけでは写り込みが残ってしまう…といった場合には、暗幕の併用も検討してみてください。

暗幕の使用を制限する施設もあるので、撮影の際は現地の指示に従うようにしてください。

防寒対策(特に冬場)

秋~冬の夜景撮影は防寒対策もしっかりしよう!

都市夜景を秋から冬に撮影する場合には冷え込みが強くなることもありますので、防寒対策もしっかりとしておきましょう。

上着、マフラー、手袋、タイツなどを着用して万全な体制で撮影に臨みましょう。

都市夜景撮影のコツ

ここからは、実際に都市夜景を撮影するにあたってのコツやカメラの設定をざっくりと紹介していきます。

撮影にベストな時期は平日の晩秋~初冬

都市夜景の撮影に適しているのは、すばり平日の晩秋〜初冬です。

 

 

 

え?都市夜景っていつでも撮れるんじゃないの??

 

 

 

たしかに都市夜景自体はいつでも撮ることはできますが、平日の晩秋~初冬がおすすめなのには理由があります。

綺麗な都市夜景を撮影するためには、オフィスビルなどの明かりが必要となります。

オフィスビルの大半は平日に稼働していますので、都市夜景の撮影は平日がダンゼンおすすめです。

実際に平日と休日でどのぐらい差が出るか、以下の写真を見比べていただければわかりやすいかと思います。

都市夜景における平日と休日の違い(平日の場合)平日の都市夜景
都市夜景における平日と休日の違い(休日の場合)休日の都市夜景

平日の都市夜景に比べ、休日はオフィスビルの明かりが少ないので華やかさに欠けてしまいます。

またオフィスの稼働は季節を問わず、おおよそ17:30~18:00までがピークとなります。

都市夜景を撮影するのであればオフィスが最も稼働している時間帯に合わせるのがベストタイミングとなるわけですが、この時間帯に日の入りを迎えるのは秋~冬(おおむね11月~2月)になってきます。

特に晩秋から初冬(11~12月)は夜の気温も厳冬期に比べて幾分緩い傾向にあるため、この時期が都市夜景を撮影するのにおすすめということになります。

カメラの設定は?

都市夜景撮影における大まかなカメラの設定は次の通りです。(想定する撮影シーンに応じて異なるため、あくまでも参考程度となります)

  • 撮影モード:絞り優先モードorマニュアルモード
  • 絞り:任意(F4.0~8.0程度が目安)
  • シャッタースピード:任意(自動計算もしくは手動設定)
  • ISO感度:設定可能な最低感度をベースに調整
  • ホワイトバランス:任意
  • フォーカス:任意(マニュアルフォーカス推奨)

撮影モード

絞りとISO感度が調整可能な「絞り優先(Av/A)」もしくは「マニュアル(M)」の利用がおすすめです。

シャッタースピードを特に定めないシーンの場合、マニュアルモードの取り扱いが難しいと感じる方は「絞り優先」でチャレンジしてみるとよろしいかと思います。

絞り

F4.0~8.0あたりを基準に調整していくのがよろしいかと思います。

都市夜景の撮影はパンフォーカス(全体的にピントがあった状態)での撮影が主となるため、絞りは絞る(F値を大きくする)と

シャッタースピード

シャッタースピードにこだわりがないようであれば、自動計算で問題ありません。

ただし、プロジェクションマッピングのような動的なライトアップが絡んでくるような場合には、シャッタースピードを適宜調整する必要が出てきます。

ISO感度

ISO感度については三脚を使用する場合、カメラで設定可能な最低感度に設定すると良いでしょう。(ISO感度は値が低いほどノイズが少ない高画質な写真になります)

絞り優先モードを使用時にシャッタースピードがカメラの性能を超えるような場合には、ISO感度を少し上げて調整してみてください。

フォーカス

フォーカスについてはオートフォーカス、マニュアルフォーカスいずれでも構いませんが、個人的には厳密に合わせられるマニュアルフォーカスが推奨です。

オートフォーカスで合わせる場合は、明るいうちにピントを合わせたのち、マニュアルフォーカスに切り替えておくのがよろしいかと思います。

ホワイトバランスについては厳密な解が存在しませんので、ご自身が描くイメージに合わせて適宜調整してみてください。

まとめ

綺麗な都市夜景を撮影するためにはいくらか準備が必要になりますが、機材が整えばカメラ初心者でも簡単に都市夜景を撮ることができます。

特に晩秋~初冬の平日は都市夜景の撮影にぴったりですので、ぜひチャレンジしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事