カメラの基礎知識

写真の露出を決める「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係を知ろう

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

写真や動画の明るさはカメラの露出によって決まってきます。

そして、その明るさを決定するための要素として「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の三者が大きく関わってきます。

絞り、シャッタースピード、ISO感度と露出にはいったいどのような関係があるのか…今回はそのあたりをなるべく分かりやすく紐解いていきたいと思います。

露出とは

ざっくりと一言でいうと撮像素子(イメージセンサー)を外界の光に対して露わにすることをいいます。

広義の意味としては露光量や写真・動画の明るさも含めてひとくくりに露出と呼ばれています。(本記事内でも広義の意味での露出として扱っていきます)

カメラはフィルムやイメージセンサーを外界に向けて露出させることで光を受け取りますが、その際に絞り、シャッタースピード、ISO感度によって実際に受け取る光の量が変わってきます。

※露出について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧ください

写真・動画撮影で重要な露出(露光)について理解しよう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真や動画を撮影する上で欠かせないのが光となりますが、そこでぜひと...

絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係性

カメラの露出についてざっくりと把握していただいたところで、いよいよ本題へと入ってまいります。

絞り(F値)、シャッタースピード(SS)、ISO感度の関係をざっくりと図に示すと、次の通りとなります。

図の右へ行くほど取り込む光の量が多くなり、左へ行くほど少なくなります。

ちょっと分かりにくいかもしれないので、以下の表にざっくりとまとめてみました。

露出 暗い 明るい
絞り(F値) 絞る 開ける
SS 高速 低速
ISO感度 低い 高い

この三要素を調整することによって、撮影者が意図する明るさ(適正露出)を得られるようになります。

例えば少し明るく撮りたいなーといった場合には、カメラ側で次のような設定を行う必要があります。

  • 絞り:開放する(F値を小さくする)
  • シャッタースピード:低速にする
  • ISO感度:高くする

お使いの撮影モードによっては絞り、シャッタースピード、ISO感度の一部もしくはすべてがカメラによって自動調整されます。

>>一眼カメラの撮影モードとは?それぞれの違いや特徴を知ろう

また、オートモードおよびマニュアルモード以外では露出補正によって明るさを調整することができます。

>>露出補正の概要と基本的な使い方

それでは実際に「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を変えると露出がどのように変わるのか、作例とともに見ていきましょう。

今回、ベースとなる写真(絞りF4.0、シャッター速度1/30秒、ISO800)がこちらです。

ここから絞り、シャッタースピード、ISO感度をそれぞれ変化させていきます。

まずは絞りを変えていくと、次のように変化していきます(シャッター速度とISO感度は固定)。

絞りを開放にするほど明るくなり、絞るほど暗くなっていくことが分かります。

また、開放にするにつれて被写界深度(ピントの合う範囲)が浅くなり、背景のボケが強くなっていきます。

続いてはシャッター速度を変化させていきます。(絞りとISO感度は固定)

シャッタースピードが低速になるにつれて明るくなり、高速になるにつれて暗くなっていることが分かります。

この作例からは分かりづらいですが、シャッタースピードが低速になると手ブレや被写体ブレが起きやすくなる点には注意が必要です。

シャッタースピードに注意!写真撮影における手ブレの原因と防止対策皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。 一眼レフ/ミラーレス一眼カメラで写真を撮っていると「うわ…この写...

最後にISO感度を変えていきます。(絞り、シャッター速度は固定)

ISO感度が高くなるにつれて明るくなり、低くなるにつれて暗くなっていることが見てとれるかと思います。

また、ISO感度が高くなるとノイズも多くなり、画質が落ちていることが分かります。(ちょっと分かり辛いかもしれませんが、ISO3200の写真はそれなりにノイズが乗っています)

ということで、「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を変化させていくことで、どのように露出が変わっていくかについて、なんとなーくでもイメージがつかめたようであれば幸いです。

なお、適切な露出は天候、照明、時間帯などによって大きく変わってきますので、撮影シーンに応じて適宜調整してみてください。

まとめ

ということで、今回は写真の露出を決める三要素である「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係性について解説していきました。

改めておさらいすると次の通りです。

  • 絞りを開放(F値を小さく)すると取り込む光の量が増え、絞る(F値を大きく)と減る
  • シャッタースピードを遅くすると取り込む光の量が増え、速くすると減る
  • ISO感度を高くすると取り込む光の量が増え、低くすると減る

上記の三要素を適切にコントロールすることで、自分の意図する写真が撮れるようになります。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです