カメラの基礎知識

カメラと人間で微妙に違う?適正露出とはいったいなんだ

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

写真や動画の雰囲気を左右する要素の一つとして露出(明るさ)が挙げられますが、完成度を高めるにあたっては適正露出を得ることが重要になってきます。

今回は適正露出とはいったい何なのかについて、ざっくりと解説していきます。

適正露出とは

早い話がちょうど良い(適正)と感じる明るさ(露出)のことをいいます。

なんてざっくりな…って思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、とりあえず以下の写真をご覧ください。

適正露出の例①

この写真は僕の中で適正露出だと考える写真なのですが、もしかするとちょっと明るすぎるもしくは暗すぎると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

撮影者からしたら「適正露出の写真になんてイチャモンを!」って思われるかもしれませんが、そのようなコメントが飛び出すことは至って自然なことです。

では、もう一つの例を見てみましょう。

次の写真はパステルカラーに囲まれて咲く二輪のコスモスを収めた写真になりますが、先ほどの寒桜の写真とは打って変わってかなり明るめの仕上がりになっています。

適正露出の例②

え?さすがにちょっと明るすぎるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、パステルカラーの世界観を前面に出したいと考え、僕の中ではちょっと明るすぎると感じる程度を適正露出だと判断しました。

さて、ここまで二つの例を見てきましたが、両者はぜんぜん明るさが違うはずなのにどちらも適正露出…なんのこっちゃと思いたくなるかもしれません。

ここで、ちょっと冒頭に述べたことを思い出してみてください。

適正露出とは「ちょうど良いと感じる明るさ」と、かなりざっくりとした説明をしました。

ちょうど良いと感じる明るさ…とどのつまり、見る者が適正だと感じた明るさこそが適正露出となるのです。

カメラと人間の適正露出は異なる

さて、適正露出は見る者がちょうど良いと感じる明るさだと前項で述べましたが、実はカメラが弾き出す適正露出と撮影者にとっての適正露出と一致するとは限らないのです。

実は先ほどの適正露出の例で挙げた写真ですが、カメラ側が弾き出した自動露出は撮影者が考える適正露出と比べてだいぶ暗くなっていることが見てとれます。

現代のカメラには自動露出(AE)と呼ばれる便利な機能が備わっていますが、この機能はあくまでもカメラの主観による適正露出が得られるものとなります。

したがって、撮影者が考える適正露出とは一致しないことがある点には注意が必要です。

適正露出を得るためには?

適正露出を得るためには、露出の三要素(絞り、シャッタースピード、ISO感度)を適宜調整する必要があります。

写真を明るくもしくは暗くする場合には、絞り、シャッタースピード、ISO感度を以下のように調整する必要があります。

露出 明るくする場合 暗くする場合
絞り 開放する(F値を小さくする) 絞る(F値を大きくする)
シャッタースピード 遅くする 速くする
ISO感度 上げる 下げる

※絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係がイマイチ分かりにくいなーという方は以下の記事も参考にしてみてください

写真の露出を決める「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係を知ろう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真や動画の明るさはカメラの露出によって決まってきます。 そ...

なお、お使いの撮影モードによっては露出補正が利用できる場合がありますので、そちらも合わせて活用してみてください。

露出補正の概要と基本的な使い方皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真・動画撮影において重要となるのが露出(明るさ)ですが、撮影者が...

まとめ

適正露出とは写真や動画を見た人がちょうど良いと感じる明るさのことをいいます。

ただし、カメラが判断する適正露出と撮り手や受け手が思い描く適正露出は異なる場合が多々ある点には注意が必要です。(その場合はカメラの設定を変えることで意図する露出に近づけることができます)

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです