カメラの基礎知識

写真・動画撮影で重要な露出(露光)について理解しよう

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

写真や動画を撮影する上で欠かせないのが光となりますが、そこでぜひとも理解しておきたいのが露出(露光)です。

今回はカメラの露出における基本的な部分について、なるべく分かりやすく解説していきます。

露出(露光)とは

ざっくりと一言でいうと撮像素子(イメージセンサー)を外界の光に対して露わにすることをいいます。

露出(露光)という言葉そのものとしては上記の意味となりますが、実際には露光量も含めた“露出にまつわる全般的な呼称”として使われることが多々あります。

本記事では便宜上、後者の意味として話を進めてまいります。

イメージセンサーを露出させている間に光を受け取り、現像(デジタルの場合はレタッチとも呼ぶ)工程を経て写真および動画としてアウトプットされます。

このあたりの流れはデジタル写真が生成される仕組みを理解していただくと、より分かりやすいんじゃないかと思います。

意外と複雑?!デジタル写真ができるまでの流れを知ろう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 普段、何気なく一眼カメラやスマートフォンで写真を撮っている今日この...

露出によって得られる光の量(露光量)は絞り、シャッタースピード、ISO感度によって大きく変わり、これが写真および動画の明るさの決め手となります。

3種類の露出を知ろう

カメラにおける露出は大きく分けて3つあり、露光量や見え方によって以下のように分類されます。

  • 適正露出
  • 露出オーバー
  • 露出アンダー

なんじゃらほいほいということで、もう少し詳しく見ていきましょう。

適正露出

見る者にとって適正だと感じる明るさ(露出)のことをいい、写真や動画の完成度を高めるうえでとても重要な要素となります。

以下の写真は適正露出の一例です。

一方で以下の写真もまた僕の中では適正露出だと判断した一枚となります。

適正露出には明確な定義はなく、見る者によって感じ方がまちまちな点には注意が必要です。(自分にとっては適正露出でも、他者からすると明るいor暗いと感じることも十分にあり得ます)

カメラと人間で微妙に違う?適正露出とはいったいなんだ皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真や動画の雰囲気を左右する要素の一つとして露出(明るさ)が挙げら...

露出オーバー

適正露出よりも明るい写真や動画のことを露出オーバーと呼びます。

例えば先ほどのコスモスの写真はレタッチの段階でかなり明るさを上げていますが、そこからさらに露出をプラス補正するといささか明るすぎてしまいます。

いくら中間色もりもりのゆるふわ写真とはいえど、僕の中では左側の明るさを理想と考えていましたので、この場合は露出オーバーということになります。

露光量を上げること自体はゆるふわな雰囲気を出したい場合などに役立ちますが、カメラのダイナミックレンジ(明暗部の表現力)を超えてしまった場合は白飛びとして現れます。

撮影の段階で白飛びをしてしまった場合は写真編集ソフトによるレタッチでも復元が困難になりますので、撮影の段階で白飛びをしないように気をつけましょう。

露出アンダー

適正露出よりも暗い写真や動画のことを露出アンダーと呼びます。

例えば先ほどの桜の写真ですが、撮影の段階ではかなり暗くなっています。

僕の中での理想としては左側の明るさを考えていたので、このような場合は露出アンダーということになります。

露光量を下げること自体はシックな雰囲気を出す場合などで有効ですが、カメラのダイナミックレンジ(明暗部の表現力)を超えてしまった場合は黒つぶれとして現れます。

先の白飛びと同じく、撮影の段階で黒つぶれを起こしてしまった場合もまた写真編集ソフトによるレタッチでも復元が困難になりますのでご注意ください。

露出をコントロールする方法

撮影者が意図する露出を得るためには露出の三要素(絞り、シャッタースピード、ISO感度)を調整する必要があります。

三要素と露出の関係をざっくりまとめると次のとおりとなります。

露出 明るくする場合 暗くする場合
絞り 開放する(F値を小さくする) 絞る(F値を大きくする)
シャッタースピード 遅くする 速くする
ISO感度 上げる 下げる

※絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係については以下の記事も参考にしてみてください

写真の露出を決める「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係を知ろう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真や動画の明るさはカメラの露出によって決まってきます。 そ...

現代のカメラは自動露出(AE: Auto Exposure)と呼ばれる機能があるため、絞り、シャッタースピード、ISO感度のうち一部もしくはすべてをカメラ任せにしつつ適正露出を得ることも可能です。

また、撮影の段階で多少露出アンダーもしくはオーバー気味になってしまった場合にはレタッチによって調整することもできます。

ただし、先述でも触れたように白飛びや黒つぶれが起こってしまうとレタッチによる復元は困難になりますので、撮影の段階でなるべく適正露出に近づけることを強くオススメします。

まとめ

カメラにおける露出とは撮像素子(イメージセンサー)を外界の光に対して露わにすることを意味します。(広義の意味としては露光量や写真の明るさも「露出」として呼ばれます)

写真や動画を撮影するにあたって露出はとても重要になってきますので、まずはそのことを頭の片隅にでも置いといていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです