保存・バックアップ

一眼カメラで撮影した写真をスマホへ直接転送する3つの方法

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

ここ最近、一眼レフカメラ(ミラーレス一眼カメラ)で撮影した写真をスマートフォンへ直接転送→レタッチという流れを取る機会が大幅に増えました。

特にTwitterなどのリアルタイム性が重視されるコンテンツへ写真を掲載する場合、一眼カメラからスマートフォン(スマホ)への転送が早ければ早いほど有利になる場合があります。

では、具体的に一眼カメラから直接スマホへ写真データを転送するためにはどうすれば良いのか…今回は主流となっている3つの方法と、それぞれの方法におけるメリットおよびデメリットをざっくりと紹介してまいります。

一眼カメラからスマートフォンへ写真データを直接転送する方法

2019年12月現在、一眼カメラからスマートフォンへ写真データを直接転送する方法としては次のような方法があります。

  • カメラの無線機能を使って転送する
  • Wi-Fi対応SDカードを使って転送する
  • カードリーダーを使って取り込む

それぞれの方法について、転送速度と利便性をざっくりとまとめると次の通りとなります。

転送方法 転送速度 利便性
カメラの無線機能
Wi-Fi対応SDカード
カードリーダ

以下、それぞれの特徴についてもう少し詳しく紐解いていきたいと思います。

カメラの無線機能を使って転送する

最初に紹介するのがカメラの無線機能(Wi-Fi、Bluetoothなど)を使った転送方法になります。

  • 専用のアクセサリー類が不要
  • 撮影中にも取り込みができる
  • 取り込みに時間がかかる場合がある
  • バッテリー消費が大きい
  • 古い一眼カメラでは利用できない

現在、一眼カメラからスマートフォンへ写真を直接転送する方法としては最もメジャーな方式で、特別な機器なしに直接スマホへ転送できるのは大きなメリットになります。

便利な反面、電波を使っての通信という特性上、通信状態によっては取り込みに時間がかかる場合があります。

また、無線機能を使うと一眼カメラのバッテリー消費も大きくなりますので、予備のバッテリーをあらかじめ用意するなどの対策も必要になってきます。

近年発売された一眼カメラの多くは無線機能が備わっていますが、古い機種では当然ながら対応していません。

そのような場合には無線通信に対応した一眼カメラへ買い換える、もしくは後述で紹介する方法を用いることで転送できるようになります。

特別な機器を使用することなく、一眼カメラとスマホだけで転送を完結させたい方におすすめの方法です。

Wi-Fi対応SDカードを使って転送する

続いて紹介するのがWi-Fiに対応したSDカードを使って転送するという方法です。

  • 無線通信に非対応の一眼カメラでも利用できる
  • Wi-Fi対応のSDカードが必要になる
  • 取り込みに時間がかかる場合がある

一眼カメラが無線機能に対応していないという場合にはWi-Fiに対応したSDカードを使用することで、直接スマホへ転送できるようになります。

先に紹介した一眼カメラのWi-Fiを使う方式と同様、通信状態によっては取り込みに時間がかかる場合があります。

ちなみにWi-Fi機能を内蔵したSDカードとしては東芝製のFlashAirが存在します。(以前はEye-FiというSDカードもあった)

コンパクトフラッシュについてはSDカードのようにWi-Fiに対応した製品はありませんが、変換アダプターにWi-Fi対応のSDカードを挿入することでスマホへ写真を直接転送することができるようになります。

現在ではWi-FiやBluetoothといった無線通信に対応した一眼カメラが一般的になってきたため、これらに非対応の機種以外で使用するメリットはあまりないかも…。

カードリーダーを使って取り込む

最後に紹介するのがスマホ対応のSDカードリーダーを使ってデータを取り込むという方法です。

  • 無線通信にに非対応の一眼カメラでも利用できる
  • 取り込みにかかる時間が短い
  • バッテリー消費が小さい
  • 撮影中に取り込みができない
  • カードリーダーが別途必要になる

スマホに接続できるSDカードリーダーを使うことにより、一眼カメラで撮影した写真を直接スマホへ転送することができます。

Wi-Fi対応のSDカードを利用した方法と同じく、一眼カメラが無線機能に対応していないという場合に使える転送方法となります。

先述の方法とは異なりスマホへ直結しての転送となるため、取り込みにかかる時間は短くなる傾向にあります。

欠点としてはいったん一眼カメラからSDカードを取り外してからの取り込みとなるため、無線接続のように撮影中に転送することができないといった欠点があります。

無線通信に対応していない一眼カメラを使っている場合の他、無線通信に対応した機種をお使いでもスマホへの転送速度を重視したいといった際にはおすすめの方法です。

まとめ

一眼カメラから直接スマホへ写真を転送する方法には次の3つがあります。

一眼カメラのWi-Fi
  • 特別な機器は不要
  • 取り込みに時間がかかる場合がある
  • 古い一眼カメラでは利用できない
Wi-Fi対応SDカード
  • 無線通信に非対応の一眼カメラでも利用できる
  • 取り込みに時間がかかる場合がある
  • Wi-Fi対応のSDカードが別途必要(現状は東芝製FlashAirのみ)
スマホ用SDカードリーダ
  • 無線通信に非対応の一眼カメラでも利用できる
  • 取り込み時間は速いかつ安定する
  • 撮影中の転送はできない
  • スマホ用のSDカードリーダーが別途必要

いずれも一長一短ありますので、本記事で紹介したメリットおよびデメリットを参考にしながら最適な方法を選んでいただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです