カメなれっ!をオープンしました
カメラの基礎知識

マニュアルモード(M)とはいったいなんだ?その概要と基本的な使い方

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラには撮影モードたる機能がありますが、その一つにマニュアルモード(M)があります。

今回はそんな撮影モードの一つであるマニュアルモードについて、その概要と基本的な使い方、少々マニアックな使い方まで解説していきます。

マニュアルモードとは

マニュアルモードは一眼カメラの撮影モードの一つで、露出の三要素(絞り、シャッタースピード、ISO感度)のうち絞りとシャッタースピードを撮影者が手動で設定するモードです。

この他にホワイトバランスなどの色味に関する設定は可能ですが、露出補正の使用はできません。

ISO感度については自動および手動での設定が可能です。

例外的にPENTAXの一眼レフカメラは手動設定のみとなりますが、シャッター&絞り優先モード(TAv)を使用することでISO感度を自動設定することができます。(マニュアルモードで使用できない露出補正も可能です)

記号は「M」で、すべてのカメラメーカーで共通となっています。

マニュアルモードの使いこなしは露出の三要素の理解がカギ

マニュアルモードの使いこなしは絞り、シャッタースピード、ISO感度の理解がカギ

さて、このマニュアルモードを使うにあたっては露出の三要素(絞り、シャッタースピード、ISO感度)の関係を理解しておく必要があります

これまでに紹介したプログラムオートモード絞り優先モードシャッター優先モードは露出の三要素のすべてもしくは一部がカメラ任せで決定されます。

上記のモードで写真の明るさを調整したい場合には、露出補正を使っていとも簡単に調整することができます。

一方、マニュアルモードでは露出の三要素のうち絞りとシャッタースピードを撮影者が設定することで決まります。

絞り優先モードなどで使える露出補正もマニュアルモードでは使えません。

ですので、露出の三要素を変えたときに写真の明るさがどのように変化するのかをあらかじめ知っておく必要があるわけです。

あわせて読みたい
露出の三要素「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係を知ろう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 さて、写真撮影は「光を捉える」ことでもあります。 そして、こ...

また、マニュアルモードを使った撮影では適正露出、すなわちおおよそ基準となる明るさがどこにあるのかを得る必要がありますが、その際に露出計と呼ばれる装置を使う必要があります。

ただし、デジタル一眼カメラの場合はカメラに露出計が内蔵されていて、撮影時に露出メーターを確認することで適正露出を得ることができます。(フィルムカメラの場合は露出計を別途購入する必要があります)

マニュアルモードが必要な場面がある

実際のところ、ほとんどの写真はマニュアルモードを使わずとも撮影できてしまいますが、絞りとシャッタースピードを両方とも自分で決めたい(バルブ撮影含む)場合にはマニュアルモードを使う必要があります。

一眼カメラには撮影モードがいくつか用意されていますが、絞りとシャッタースピードの両方を設定できるのは基本的にマニュアルモードのみとなります。

シャッタースピードをバルブに設定する際、マニュアルモードでは設定できないできない機種があります。

そのようなカメラにはバルブモード(B)が用意されている場合がありますので、バルブモードに設定した上で絞りとISO感度の調整を行なってください。

マニュアルモードの使い方

マニュアルモードはカメラの撮影モードを「M」に設定することで使うことができます。

カメラ本体に付いているダイヤルなどを使ってマニュアルモードに変更してください。

マニュアルモードのダイヤルは「M」

FUJIFILMの一部機種ではシャッタースピードダイヤル、レンズの絞り環をA以外にセットすることで、マニュアルモードとして機能します。

マニュアルモードに設定すると、ダイヤルなどを使用して絞り(F値)、シャッタースピード、ISO感度が変更できるようになります。

マニュアルモードでは絞り、シャッタースピード、ISO感度が調整できる

詳しい設定方法につきましては、各カメラのマニュアルなどを参考にしてみてください。

露出補正は使えない

マニュアルモードでは写真の明るさを調整する際に露出補正が使えません

写真を明るさを調整したい場合には絞り、シャッタースピード、ISO感度を適宜調整する必要があります。

そのため、露出の三要素を動かした際、写真の明るさがどのように変化するかについて押さえておく必要があります。

ハイパーマニュアルで適正露出が得られる

PENTAXの一眼レフカメラにはハイパー操作系と呼ばれる便利な機能がありますが、その一つに「ハイパーマニュアル」と呼ばれる機能があります。

マニュアルモードに設定した状態でグリーンボタンを押すと、いとも簡単に適正露出を得ることができます。

また、適正露出の取得後に絞り、シャッタースピード、ISO感度の調整を行うこともできます。

このハイパーマニュアルは自動露出に対応していないレンズ(いわゆるオールドレンズ)の使用時にも機能するので非常に便利ですので、PENTAXユーザーの方はぜひ活用してみてください。

あわせて読みたい
PENTAXの一眼レフカメラでオールドレンズを使うときの注意点皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、PENTAXの一眼レフカメラ...

まとめ

絞り優先モードは一眼カメラの撮影モードの一つで、撮影者が絞り(F値)、シャッタースピードをコントロールすることができます

露出の三要素の関係を知らないと少々取っ付きにくいモードですが、使いこなせると写真撮影の自由度が高まるので、ぜひマニュアルモードでの撮影にチャレンジしてみてください。

本記事でマニュアルモードの概要や基本的な使い方について、なんとなーく把握していただけたようであれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事