カメラの選び方

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違い

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

現在発売されているデジタル一眼カメラは、大きく一眼レフカメラミラーレス一眼カメラの二種類に分類されます。

両者は一眼カメラ選びにおける重要なポイントの一つとなりますが、その違いがイマイチよく分からない…という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

ということで、今回は一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いについて、図も交えながら解説していきます。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違い

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いをざっくりまとめると、以下の通りとなります。

  • ミラーの有無
  • ファインダーの構造
  • カメラのサイズ・重量
  • バッテリーの消費

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラは同じ一眼カメラに分類されますが、その構造は大きく異なります。

ミラーの有無

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの最大の違いが、レフレックスミラーが存在するか否かという点が挙げられます。

一眼レフカメラのカメラ内部にはレフレックスミラーと呼ばれる機構が存在し、このミラーを介してファインダーに像を映し出します。

一方でミラーレス一眼カメラは「ミラーレス」の名のとおり、レフレックスミラーが省略されていて、イメージセンサーが常に受光&デジタル変換した上で像を映し出します。

ミラーレス一眼カメラの構造

まずはミラーの有無が一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラにおける最大の違いなんだということを押さえておきましょう。

ファインダーの構造

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラではカメラが受け取った光の像を写し出すメカニズムが異なるため、ファインダーにも違いがあります。

一眼レフカメラではレフレックスミラーを通じて像を映し出しますが、その像は光学ファインダー(OVF:Optical View Finder)を通じて見ることができます。

一方でミラーレス一眼カメラの場合はイメージセンサーで受光→デジタル変換した像を液晶ディスプレイに映し出します。

早い話、ミラーレス一眼カメラはスマホカメラやコンパクトデジカメと同じ仕組みだと思っていただくと理解しやすいかなと思います。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラはミラーの有無が異なるがゆえ、ファインダーの構造も異なるということを覚えておきましょう。

ミラーレス一眼カメラの中には電子ビューファインダー(EVF:Electronic View Finder)を搭載した製品も存在します。

カメラのサイズ・重量

ミラーの有無により、カメラ本体のサイズおよび重量も変わってきます。

例えば同じサイズのイメージセンサーを搭載した一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラを比較すると、サイズや重量に以下のような違いがあります。

PENTAX KP FUJIFILM X-T3
種別 一眼レフ ミラーレス一眼
寸法(幅×高さ×厚さ)[mm] 131.5×101.0×76.0 132.5×92.8×58.8
重量[g] 703 539

カメラのサイズと重さは持ち運びやすさにも関わってきますが、ミラーレス一眼カメラはミラーが省略されているため、このあたりにアドバンテージがあるのが特徴です。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラはミラーの有無により、カメラ本体のサイズ(特に厚さ)や重量が変わってくるというのも一つのポイントとなります。

ただし、ミラーレス一眼カメラの一部には一眼レフカメラと同等以上のサイズ・重量を持つ機種も存在します。(Panasonic S1シリーズなど)

バッテリー消費

ミラーの有無はバッテリー消費にも大きく影響してきます。

一眼レフカメラの場合はミラーを通じて像を映すことができるため、バッテリーを消費するのは撮影時や再生時に限られます。

一方のミラーレス一眼カメラについては撮影時や再生時だけでなく、像を表示する際にも電力が必要になるため、バッテリー消費が一眼レフカメラと比較して大きくなる傾向にあります。

実際に同じCanon EOS Kissシリーズでも一眼レフとミラーレス一眼で以下のような違いがあります。

EOS Kiss X10  EOS Kiss M
種別 一眼レフ ミラーレス一眼
バッテリー容量 1040mAh 875mAh
最大撮影枚数 1070枚 235枚

バッテリーの容量が異なるため単純な比較はできませんが、ミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラでは撮影枚数が4倍程度変わってきます。(一眼レフカメラでファインダーを使って撮影した場合)

一眼レフカメラでライブビュー機能を使って撮影する場合は像の表示に電力を使用するため、ミラーレス一眼と同じくバッテリー消費は大きくなります。

【コラム】画質に違いはあるの?

巷でよく聞く一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラには画質に違いがあるのかという点についてですが、これについてはほぼ変わらないというのが現状です。

高画素=高画質ではない?!デジタルカメラの画質を決める3つの要素」という記事の中でも触れましたが、デジタルカメラの画質を決める要素としては次の3つとなります。

  • 画素数と1画素の面積
  • レンズの光学性能
  • レタッチ(画像処理)

一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラともにほぼ同程度のイメージセンサーや画像処理エンジンが搭載されているため、両者間で画質にそれほど大きな差はありません。

一眼レフカメラだから画質が良い、ミラーレス一眼だから画質が悪いということはほぼないと思っていただいてよろしいかと思います。

まとめ

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いを改めてまとめると以下の通りとなります。

一眼レフ ミラーレス
ミラー 存在する 存在しない
ファインダー 光学式ビューファインダー(OVF) 存在しないもしくは電子ビューファインダー(EVF)
サイズ・重量 大型で重い傾向 小型で軽い傾向

特にミラーの有無によりファインダーの構造、本体の大きさや重量、バッテリー消費の大きさに影響してくるという点については頭の片隅に置いといていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです