Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hiro-sby/camera-kb.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
カメラの基礎知識

RAW現像とJPEG撮って出し、それぞれのメリット・デメリットとは

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラで写真を撮っている方であれば、一度は聞いたことがあるだろう「RAW現像」「JPEG撮って出し」という言葉。

どちらも写真を世に送り出すために必須の作業ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

RAW現像とJPEG撮って出しの本質は同じ

ところで、RAW現像とJPEG撮って出しってそもそも何なのでしょうか?

ざっくり一言でまとめると、どちらも写真データをRAWからJPEGへ変換するために必要な作業となります。

レンズを通じて入ってきた光はイメージセンサー(撮像素子)で受け取った後、デジタル変換されてRAWファイルとして生成されます。

RAWは日本語に直すと「生の」「そのままの」という意味となりますが、その名のとおり色情報を持たない単なる光の情報となります。

しかし、そのままでは使えない(Webサイトや各種デバイスで表示・閲覧ができない)ため、レタッチを施したうえでJPEGへと変換する必要があります。

あわせて読みたい
RAWとJPEGの違いとはなんだ?なるべく分かりやすくまとめてみた皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラで撮影した写真はRAWもしくは...

このJPEGへと変換する作業がRAW現像またはJPEG撮って出しということなのです。

RAW現像とJPEG撮って出しはRAWをJPEGへ変換するという点においては共通しますが、前者は専用のソフトウェアを使ってレタッチ→JPEG出力を行う必要がありますが、後者はカメラで自動的にJPEGへと変換してくれます。

RAW現像とJPEG撮って出しのメカニズムRAW現像とJPEG撮って出しのフロー

ということで、RAW現像とJPEG撮って出しは本質的にはRAW→JPEGへの変換を行うことですが、その手法が大きく異なるのです。

RAW現像とJPEG撮って出しのメリットとデメリット

さて、RAW現像とJPEG撮って出しというものがなんとなーくどのようなものなのかを把握していただいたところで、両者のメリットとデメリットについて紐解いてまいります。

RAW現像のメリット・デメリット

まずはRAW現像を行うメリットとデメリットがこちら。

メリット
  • JPEG撮って出しと比べて、細かいパラメーターの調整ができる
  • 編集しても画質の劣化がしにくい
デメリット
  • 自分でレタッチ作業を行う必要があるため、JPEG撮って出しに比べて写真を出すまでに時間がかかる
  • Lightroomなどの写真編集ソフトが別途必要になる

RAW現像の大きなメリットは、JPEG撮って出しに比べてより細かく調整できるところです。

カメラでも露出やホワイトバランスなどといった項目を調整できますが、いずれも編集ソフトと比較するとかなり大雑把な調整にとどまります。そのため、自分の求める写真とのギャップが生じてしまうことも…。

ですので、自分のイメージをとことん突き詰めたい場合には、ご自身でレタッチしてからJPEGへ出力する必要が出てきます。

ただし、RAWの場合はどうしてもレタッチという工程が必須となるため、JPEG撮って出しのように撮った写真をすぐに使うことはできないという欠点があります。

加えてRAWファイルを表示する際にはAdobe Photoshop Lightroomなどといった専用のソフトウェアを別途使用する必要があります。

JPEG撮って出しのメリット・デメリット

続いてはJPEG撮って出しのメリットとデメリットがこちら。

メリット
  • レタッチはカメラが自動で行ってくれるため、JPEG出力までの手間がかからない
デメリット
  • 撮影の段階でカメラの設定をしっかりと決める必要がある
  • 細かいパラメーターの調整が難しい
  • JPEGでの出力後に編集すると画質が劣化する

JPEG撮って出しはカメラ任せで写真のアウトプットができるので、RAW現像と比べると圧倒的に早いかつ楽です。

特に花火大会などのイベント系の写真は旬のうちに見たいという方も多いと思いますので、JPEG撮って出しは有効な手段の一つとなります。

JPEG撮って出しの場合、カメラで設定した露出やホワイトバランスがそのまま写真としてアウトプットされるため、撮影の段階でしっかりと調整する必要があります。(RAW現像する場合でもキチンと調整して、アウトプットのイメージをつかんでおくことをおすすめしますが…)

また、カメラの設定はRAW現像に比べて細かな調整が難しいため、自分のイメージする写真とのギャップが生じることもあります。

さらにJPEGはRAWと異なり不可逆圧縮のため、編集をすると画質が劣化します。写真を撮ったあとで「ちょっとここの明るさが足りない」「もう少しここの色を出したい」などと思っても、RAWのように手軽に編集をすることができないのです。

まとめ

ということで今回は、RAW現像とJPEG撮って出しについて、それぞれのメリットとデメリットについて紹介していきました。

RAW現像とJPEG撮って出しのどちらが良い悪いという話もありますが、あくまでも写真をアウトプットするための必須作業の一つ…ぜひ、両者のメリット・デメリットを頭に入れたうえで上手く使い分けてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事