写真撮影の準備

一つの被写体に絞って写真を撮り続けるメリット

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

写真作品を創るにあたってはテーマ設定が重要なポイントとなります。

テーマについては様々な考え方があると思いますが、一つの被写体に絞ることで深みが増した写真作品につながっていきます。

被写体を一つに絞ることの重要性

写真のテーマ・被写体を一つに絞って撮り続けることでその分野の知識が深まり、写真により深みやオリジナリティを持たせられるようになります

僕はこれまで夜景という大きなテーマの中で、特に「花火」という被写体を集中的に追いかけていますが

  • 花火大会によって趣旨が異なる
  • 花火師さんによって花火の質が大きく変わる
  • 夏だけでなく春、秋、冬にも開催されている
  • 街全体の活性化になっている
  • 日本の伝統芸術の一つである(古くは狼煙が起源)

といった、これまで見えなかった被写体の奥深さを知ることにつながりました。(撮影する当人が対象の被写体に対して愛を持って接していることが前提です)

写真撮影のコツは1つだけ!「誰に、何を伝えるか」を意識しよう」という記事でも触れましたが、写真撮影とは伝えることが大きな目的となります。

何かを伝えようとするのであれば、深いところまで知識を持っていることが重要になってきます。(それが独特な視点やオリジナリティーへとつながっていきます)

夢中になれる被写体を一つ見つけよう

まずは一つ、自分が夢中になれる被写体を探してみてください。

花が好きなら花を、鉄道は好きならば鉄道を、人物が好きならば人物を被写体として選ぶと良いでしょう。

そして、しばらく集中的に撮影したり、同じ分野の写真を撮っている方の作品を徹底的に研究してみてください。

中にはすぐには撮りたいという被写体が見つからないかもしれませんが、そういった場合はしっかりと自分と向き合ってみてください。

※テーマ・被写体探しについてはこちらも併せて参考にしてみてください

写真撮影におけるテーマの必要性と3つのメリット皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 これまでたくさんの写真をSNSや写真投稿サイトとかで公開したものの...
写真撮影におけるテーマの決め方と9つのアイデア皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 写真で何かを伝えるために重要な要素となるテーマ。 いざ、テー...

まとめ

写真作品を創るにあたってはテーマ設定が重要になってきますが、一つの被写体を追及していくことで写真作品としての深化へつながっていきます。

ぜひ一度、心から好きになれる被写体を追い求めてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです