写真撮影の心得

カメラと人間でちょっと違う?記憶色とはいったいなんだ?

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

写真撮影をしている中で「見たままの景色が上手く撮れない」と感じた経験をしたことがあるかと思います。

その一つの要因として、人間とカメラが持つ記憶色(記録色)の違いが挙げられます。

なんだかちょっと聞きなれない単語ですが、写真撮影をする上で重要なポイントとなってきます。

記憶色とは

記憶色とはカメラや人間にあらかじめインプットされた色情報のことをいいます。

この記憶色は人間、カメラともに持ち合わせていて、写真撮影において重要なファクターとなります。

カメラにおける記憶色

カメラにおける記憶色は、画像処理エンジンにあらかじめ記録された色がベースとなります。

レンズを通じて受け取った光はデジタル変換した上でRAWという形式で記録し、レタッチ(画像処理)という色情報を付け加える工程を経て写真データ(JPEG)に変換・出力します。

意外と複雑?!デジタル写真ができるまでの流れを知ろう皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 普段、何気なく一眼カメラやスマートフォンで写真を撮っている今日この...

カメラにあらかじめ記録された色情報から機械的に色付けをするということから「記録色」と呼ばれることもあります。

レタッチ(画像処理)の工程にはカメラ内部の画像処理エンジンを介して行う方法と、Adobe Lightroom Photoshopといった写真編集ソフトを用いての独自レタッチによる方法があります。

前者の場合、A社のカメラにはXという色情報が、B社のカメラにはYという色情報をベースにレタッチが行われますが、当然ながらXとYはそれぞれ異なる情報になるため出てくる写真の色味は大きく異なります。

一方で後者の場合は、各写真現像ソフトウェアに登録された色情報を割り当てていきますが、この色情報はカメラとは少し違った色情報を持っているため、ここでもまた差分が生じます。

人間における記憶色

一方で人間における記憶色は脳内にインプットされた色情報がベースとなります。

例えば桜(ソメイヨシノ)の色を思い浮かべたとき、多くの方は「白」「薄ピンク」などと答えるんじゃないかなと思います。

この「白」「薄ピンク」という脳内でイメージしている色が記憶色ということになります。

人間毎に記憶色は違う

ちなみに、人間における記憶色は十人十色です。

以前「写真家とクライアントの間に生じるギャップの正体」という記事の中で触れましたが、桜(ソメイヨシノ)の色一つとってもイメージする色は異なります。

別の人が同じ写真を見た際に「おお、こんなイメージ!」「なんか違うぞ?!」みたいな意見がときどき出てきますが、これは記憶色の違いによって生じているものです。

人間とカメラの記憶色は必ずしも一致しない

ここまでのお話でなんとなーく勘付いている方もいると思いますが、人間とカメラはそれぞれ記憶色を持っているため、両者の色情報は必ずしも一致するわけではありません

おそらく一度は「見た目と写真がぜんぜん違う!」「見たままの景色が撮れない…」と嘆いた経験あるかと思います。

このカメラと人間の記憶色による違いが、見た目とのズレを生み出す一つの要因となります。

見たままの景色を写真に収めることがとても難しい4つの理由皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 素敵な景色を見て感動したので写真に残そう!ん?あれ?写真に収めたの...

カメラはその場のシーンを切り取ってくれる便利な道具ですが、人間が思い描いている記憶色に近づけるためには、ホワイトバランスや仕上げの設定などを適宜調整する必要が出てきます。

まとめ

ひとくちに記憶色といっても、カメラにインプットされた色情報と人間の脳内にインプットしている色情報は異なります。

そして、写真が見た目と違うという話があるのも、この記憶色の違いが一つの要因だということを頭の片隅にでも置いといていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

こちらの記事もおススメです