カメなれっ!をオープンしました
保存・バックアップ

パソコンの写真データを長期保存・バックアップするための5つの方法

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

パソコンやスマートフォンなどのいざというときの故障に備え、写真データを保存・バックアップ環境は備えておきたいところです。

今回はパソコンの写真データを長期保存するためのバックアップ方法について、それぞれのメリットやデメリットも踏まえながら紹介していきます。

写真データの長期保存にはバックアップが不可欠

さて、なぜパソコンの写真データを長期保存するためにはバックアップが不可欠なのでしょうか。理由としては次の通りです。

  • パソコンのディスク(HDDやSSD)には寿命がある
  • 未曽有の災害による罹災はいつ起こるかわからない

パソコンをはじめとする電子機器は基本的に消耗品であり、残念ながらいずれはパフォーマンスが劣化したり、故障したりします。

人間も働きすぎれば疲れてしまうのと同じです。(電子機器もある意味では生き物のようなものですw)

※参考までにHDDの寿命はおおよそ4年程度だと言われています

また、日本国内では地震や台風などによる災害も頻繁に起こりますが、これらの災害によって自宅などの拠点が罹災することで、パソコンが故障する可能性も十分に考えられます。

で、ひとたびパソコンが故障してしまえばどうなるか…そこに保存していた写真データの取り出しは困難になります。

特に最近のパソコンはSSD(Solid State Drive)が搭載された機種が増えましたが、いったん故障するとデータの復元が非常に困難という弱点があります。

では、パソコンにだけデータを保管しているとどういうことになるのか…そう、その写真データは二度と見られなくなってしまうわけです。

過去の写真を使う機会は意外と多いものですが、せっかくの思い出の写真データが水の泡となってしまうのはとても悲しいもの…。

そんな予期せぬ故障や災害などに備えるためにも、バックアップを日頃から取っておくことが非常に大切なのです。

あわせて読みたい
写真データの長期保存・バックアップが超重要な3つの理由皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 デジタル写真が主流となった今、写真データを長期的に保存するためには...

パソコンにおける写真データのバックアップ方法

パソコンの写真データを長期保存するにあたってはバックアップが必要不可欠となりますが、その方法は大きく5つあります。

  1. CD/DVD
  2. 外付けHDD
  3. NAS(Network Attached Storage)
  4. クラウドストレージ
  5. NAS+クラウドストレージ

写真データのバックアップを考えるうえで最も大切なのは、物理的に異なる場所にデータを保存することにあります。

個人的に最もおすすめなのは「NAS+クラウドストレージ」の組み合わせですが、いずれも一長一短ありますので、ご自身のスキルや環境に応じて、バックアップ方法を検討してみてください。

CD/DVD

写真データのバックアップでもっとも手軽な方法が、CD/DVDを使った方法です。

  • 手軽にバックアップができる
  • 導入コストは最も安価
  • 保存可能な容量が小さい
  • 写真データの量が多いとメディアの枚数が増える
  • 書き込み速度がHDDに比べて圧倒的に遅い
  • メディアの経年劣化により写真データを損失する可能性がある
  • 自宅で災害が起きると写真データを全損する可能性がある

導入コストはすごく安いのですが、大量のデータ保存には不向き…参考までに1TBの写真データをDVD-R(4.7GB/枚)で保管しようとすると、最低でも約218枚も必要になります。

また、読み込みや書き込みにも時間がかかるのも辛いところ。

参考までにCrystalDiskMarkを使ってCD-RとDVD-Rの書き込み速度を測定したところ、CD-Rがおよそ3.5MB/s、DVD-Rが9.5MB/s程度でした。

CD-R書き込み速度CD-R書き込み速度
DVD-Rの書き込み速度DVD-Rの書き込み速度

最近のノートパソコンではCD/DVDドライブが省略されているものも多いため、外付けHDDやクラウドストレージの利用がおすすめです。

外付けHDD

おそらくもっとも一般的な写真データのバックアップ方法の一つ。

お使いのパソコンのUSBポートに繋ぐだけで写真データのバックアップができるようになります。

  • 導入が比較的容易
  • パソコンからの転送が比較的高速(USB3.0対応の場合)
  • ポータブル外付けHDDを使えば、外出先で写真データのバックアップも可能
  • HDDを冗長化に対応した機種では耐障害性を高めることができる
  • 専用の機器が必要になるため、導入コストはやや高め
  • 自宅で災害が起きるとデータを全損する可能性がある

外付けHDDはUSBポートに繋ぐだけで使うことができるため、PCに関する知識があまりない方でも比較的手軽に写真データをバックアップできるのが特徴です。

現在ではUSB3.0に対応したタイプが主流となっていて、パソコンがUSB3.0に対応している場合は高速でのデータ転送が可能です。(USB3.0に対応していないパソコンでも利用は可能ですが、転送速度は落ちます)

保存した写真データを外出先でも使う場合には、ポータブル型外付けHDDを使うのも一つの手です。

USB型外付けHDDはパソコンに直接つなげて使用することから、自宅据え置きか持ち運びでの利用となります。

そのため、災害に遭遇するとバックアップした写真データもろとも全損する可能性はあります。

NAS(Network Attached Storage)

外付けHDDの一種となりますが、PCと直接接続せずにネットワーク越しに写真データをバックアップできるのが特徴です。

  • ネットワーク接続が可能であれば自宅内のどこからでもバックアップ可能
  • 自宅外からも写真データのバックアップができる(NAS単独、もしくは後述のクラウドストレージとの連携)
  • 複数人で同時利用することが可能
  • 専用の機器が必要になるため、導入コストは高め
  • 設定にやや知識が必要
  • 外付けHDDに比べて転送速度が遅くなることがある
  • 自宅で災害が起きると写真データを全損する可能性がある

USB型外付けHDDはパソコンと接続しないとバックアップできないのに対し、NASネットワークが繋がっていれば家庭内のどこからでも利用できるので、利便性はかなり高いです。

また、大容量のNASを用意して家族全員のバックアップ領域を設けたり、外出先からのデータ転送を可能にするといった、拡張性の高さも魅力です。

ただし、USB型外付けHDDに比べて導入に知識が必要なので、パソコンが苦手な方にはちょっと敷居が高めなのが難点です。

また、NASの設置先は主に自宅となるため、災害などでバックアップした写真データが全損する可能性もあります。(後述のクラウドストレージとの組み合わせを使うと、データ全損のリスクを減らすことは可能です)

クラウドストレージ

近年、写真データのバックアップに用いられるようになっているのがクラウドストレージ。

無料のプランから、大容量プラン、さらには無制限プランもあり、そのサービス内容も充実しています。

  • 専用の機器を必要としない
  • 導入コストは比較的安め(無料のサービスもある)
  • 外出先やスマートフォンからも写真データの参照、ダウンロードが可能
  • 耐障害性は非常に高い
  • 自宅で災害が起きても写真データの全損を防げる可能性が高い
  • ネットワークの状態によってはHDDに比べて転送速度が遅くなる
  • サービスが突然終了した時のデータの保証はできない

クラウドストレージを使うと、自宅に外付けHDDやNASを買わずに、比較的安価で大容量なバックアップを実現することができます。

また、自宅の外にデータを保管することで、万が一災害が起きた場合でも、大切な写真データの全損を高い確率で防ぐことができるのは大きなメリットです。

さらに、クラウドストレージサービスは自宅ではなかなかできないような強力な冗長化がなされているため、データが破損するという確率も可能な限り低いでしょう。(どういった構成が取られているかは、外部に情報が公開されていないため詳しくは分かりませんが、システム屋さんの観点からそう予測しています)

このようにクラウドストレージは利点が多いのですが、サービス提供が終了した際に預けていたデータがすべてなくなってしまう可能性も少なからずあるので、ご注意ください。(しかもこの手のサービスは流行り廃りが早く、Amazon Driveの容量無制限(Unlimitedストレージ)サービスのように、わずか1年程度でサービス終了なんていう例もあります)

Link:“Amazon Drive”の容量無制限プランが国内でも終了 – 窓の杜

主なクラウドストレージサービスとしてDropbox、Google Drive、Amazon Cloud Driveがありますが、RAWを含む写真データ限定で容量無制限となるAmazonプライム・フォト(Amazon Drive)が個人的におすすめです。

年間3900円でAmazonプライムの各種サービスも併せて利用できるので、かなり美味しいですね。

あわせて読みたい
写真データをクラウドストレージに保存するならAmazonプライム・フォトがおすすめな6つの理由皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 インターネット上のクラウドストレージへの写真データの保存やバックア...

6. NAS+クラウドストレージ

おそらく写真データのバックアップの中で、現状もっとも強力な方法。

NASの中にはクラウドストレージサービスと同期が取れる製品がいくつかあり、これらを連携させることによって、個人レベルで写真データの二重バックアップが可能になります。

  • クラウドストレージサービスが突然終了しても写真データの全損を防げる
  • 自宅のNASが故障しても写真データの全損を防げる
  • 導入コストが高い
  • 設定に知識が必要
  • 対応しているNASが限られる

NAS+クラウドストレージによるバックアップの大きな利点として「写真データを災害から守ることができる」「クラウドストレージ側の突然のサービス終了でもデータ全損を免れることができる」という二つを実現できる点が挙げられます。

例えば自宅で大規模な災害が起きた際、自宅にあるNASが壊れても、クラウドストレージ側から写真データを復旧させることができます。

逆にクラウドストレージ側のサービス提供が終了したとしても、NASから写真データを復旧させることもできます。

ただし、NASの設置に加え、クラウドストレージサービスで大容量のプランを使う場合は、その料金も上乗せされるため、導入コストが高いのが辛いところです。

ちなみにクラウドストレージとの連携に対応したNASは、現在のところ海外メーカーの製品にほぼ限られます。(国産だとアイオーデータのNASがDropboxとの連携に対応しているぐらい)

とはいえ、せっかく撮影した写真データの損失はやっぱり痛いので、もし予算が許せばNAS+クラウドストレージによるバックアップが一番おすすめです。

※NETGEAR ReadyNASとAmazon Driveを使ったバックアップ環境の構築方法はこちらを参考にしてみてください

まとめ

長くなりましたが、パソコンにおける写真データをバックアップ方法について紹介いたしました。

今回紹介した写真データのバックアップ方法についてはいずれも一長一短なところがありますので、ご自身の予算やスキル、環境に合わせて選んでみてください。

パソコンをはじめとする電子機器はいずれは壊れてしまうもの。大切な思い出の詰まった写真データが消えてなくなるリスクを減らすためにも、ぜひバックアップ環境の導入を検討していただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事