カメラの基礎知識

スマホのインカメラはアウトカメラと比べて画質が悪いのはなぜなのか

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

さて、デートなどの記念撮影で自撮り(セルフィー)をするときによく使うのがスマートフォンのインカメラ。

正直なところインカメラはアウトカメラと比べて画質はあまり良くないですよね。

いったいなぜスマホのインカメラの画質はアウトカメラに比べて悪いのか…実はイメージセンサーの大きさが関わっているのです。

スマートフォンのインカメラの画質はなぜ悪いのか

さて、スマホのインカメラはアウトカメラと比べてなんで画質が悪くなってしまうのでしょうか。

それは…

 

 

 

イメージセンサーが小さい!

 

 

 

カメラの画質は主にイメージセンサー(受光素子)の大きさによって決まります。

イメージセンサーが大きいほど受け取れる光の情報量が多くなるため、より深みのある表現ができるようになります。

もともとスマートフォンのアウトカメラに搭載されているイメージセンサーは非常に小型なのですが、インカメラにはアウトカメラよりもさらに小さなイメージセンサーが使われているのです。

インカメラとアウトカメラの画質を比較

何はともあれ、スマホ(iPhone 7)のアウトカメラとインカメラで撮影した写真を比較してみましょう。

まずはアウトカメラで撮影した写真です。

 スマートフォンのアウトカメラとインカメラの画質比較① iPhone 7のアウトカメラで撮影した一枚

iPhone 7のカメラはスマートフォンの中でも良質な部類になるため、描写もしっかりとしております。

そしてこちらがインカメラで撮影した写真です。

 スマートフォンのアウトカメラとインカメラの画質比較② iPhone 7のインカメラで撮影した一枚

拡大させると分かりやすいですが、アウトカメラで撮影した写真と比較して、インカメラで撮影した写真はかなり荒いということが分かるかと思います。

インカメラのイメージセンサーは小さい!

そう、スマートフォンのインカメラはアウトカメラに比べて、さらに小さいイメージセンサーが搭載されているのです!

実際にiPhone 7のアウトカメラとインカメラで撮影した写真のExif情報を比べてみましょう。

スマートフォンのアウトカメラとインカメラのExif情報

小難しいことはさておき、センサーサイズは実際のレンズ焦点距離と35mm版換算レンズ焦点距離との倍率が小さいほど、大きなセンサーが搭載されていることが分かります。

iPhone 7のアウトカメラの焦点距離は3.99mm、35mm版換算は28mmで倍率は約7倍となります。一方のインカメラでは焦点距離が2.87mm、35mm版換算は32mmで倍率はなんと11倍となります。

つまり、アウトカメラに比べてインカメラはイメージセンサーの大きさが約65%とはるかに小さいということが分かります。

他のスマートフォンでは試せていませんが、基本的にはほぼ同じような傾向だと思っていただいて差し支えありません。

従って、iPhoneを始めとするスマートフォンのインカメラで撮影した写真は、アウトカメラで撮影した写真と比べて画質が悪くなるということなのです。

まとめ

スマートフォンのインカメラの画質がアウトカメラに比べて悪いのは、アウトカメラに比べてセンサーサイズが小さいというのが大きな理由となります。

デートなんかでスマホを使って記念撮影する際、画質にこだわりたいのであれば、可能な限り誰かにお願いして撮影してもらった方が良いということです。

もちろん手持ちで自撮りする場合はインカメラの方が圧倒的に使いやすいのも事実ですので、上手く使い分けていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事