写真撮影のコツ

花火写真の撮影でもっとも厄介な白飛びを防止するための方法

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

花火の写真を撮影する中で、一度は経験するであろう悩ましい問題…そう、白飛びです。

特にクライマックスなどで打ち上げられる明るい花火を撮ったら盛大に白飛びしてしまい、涙を飲んだ経験がある方も多いと思います。

いったい、どうしたら花火の白飛びを防ぐことができるのでしょうか。

花火写真で白飛びを防ぐ方法

花火写真の撮影において白飛びを防止する有効な方法は以下の2点となります。

  • 絞りを絞る(F値を大きくする)
  • NDフィルターを使用する

白飛びは露出オーバーによって発生します。

露出オーバーが発生してしまったときの基本的な対策はとにかく露出を下げることにつきますが、この点に関しては花火撮影に関しても考え方は同じです。

写真撮影において白飛びを防ぐためには、「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を調整し、カメラに入ってくる光の量を減らす(露出を下げる)必要があります。

※絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係については以下の記事も参考にしてみてください

露出の三要素「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 さて、写真撮影は「光を捉える」ことでもあります。 そして、こ...

ところが通常の撮影と異なり、花火撮影で露出を下げる場合はいくつかの制限が出てきます

花火写真の撮り方講座 第6回〜撮影のコツ〜」という記事の中でも触れましたが、花火撮影=光跡撮影となります。

シャッタースピードを速くすれば白飛びは防げますが、肝心の花火が中途半端に途切れてしまいます。

そのため、シャッタースピードを速くして露出を下げるという方法は使えません。

また、ISO感度ついては三脚を併用しての撮影が基本となるかつ、花火が非常に明るい被写体であることから、カメラで設定可能な低感度(100〜200程度)にすることがほとんどです。

したがって、ISO感度を下げての調整も困難です。

カメラによっては拡張感度設定によりISO感度が下げられる場合がありますが、画質に影響するためあまりおススメしません。

デジタルカメラにおけるISO感度については「デジタルカメラにおける3つのISO感度(基準、常用、拡張)の違い」も併せて参考にしてみてください。

さらに、花火を撮る際の撮影モードはマニュアルモードもしくはバルブモードを使用することから露出補正を使った調整もできません。

以上の理由から、花火撮影において露出を下げる方法は先述の二点となります。

絞りを絞る

絞りを絞ることでカメラに入ってくる光の量を抑えることができるため、花火の白飛びを抑えることができます。

ただし、絞りを絞る方法を用いる際はいくつか注意点があります。

  • 絞りすぎると回折現象(小絞りボケ)が起こる
  • 絞りの調整だけでは白飛びを防げないこともある

デジタル一眼カメラの場合、絞りすぎると回折現象(小絞りボケ)によって画質が劣化する可能性があります。

特にイメージセンサーが小さいカメラでは回折現象の影響を受けやすい傾向にありますので、注意が必要です。

また、いくら絞ったとしても洋火や銀冠といった明るい花火が含まれるスターマインの場合は盛大に白飛びしてしまう可能性があります。

経験則になってしまいますが、クライマックスでよく打ち上がる銀冠はF22にしてもほぼ白飛びすると考えてください。

絞りを絞ることでカメラに入ってくる光を抑え、花火写真の白飛びを防ぐことができます。

ただし、絞りすぎると回折現象の影響が出たり、クライマックスで打ち上がるようなものすごく明るい花火ではレンズの限界まで絞っても白飛びを防げないこともあります。

NDフィルターを併用する

花火撮影において白飛びを防ぐためには、前述の絞り調整に加えてNDフィルターの併用が効果的です。

例えばND8フィルターを併用すると露出を3段分下げる(-3EV)ことができるため、レンズの絞りがF8.0の状態であればF22相当の明るさに抑えることができます。

デジタル一眼カメラで絞りをF22まで絞ってしまうと回折現象による影響は避けられませんが、F8.0であれば起こりにくくなります。

また、同条件で絞りを1段分(F11)絞れば、レンズでは設定が困難なF32相当まで露出を下げることができます。

ここまで露出を下げることができれば、クライマックスでよく見る非常に明るい花火でも十分に対処できるようになります。

NDフィルターを併用して撮影した明るい花火の例(F11、SS13秒、ハーフND8フィルター併用)

予算の兼ね合いもあると思いますが、ぜひともNDフィルターを用意しておくことをおすすめします。

※花火撮影用のNDフィルターの選び方については以下の記事も参考にしてみてください

おすすめはどれ?花火撮影に適したNDフィルターの選び方皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 花火写真の撮影で最も厄介となる白飛びを避けるための方法として、ND...

NDフィルターを併用すると、絞りを保ちつつカメラに入ってくる光の量を抑えることができるため、花火写真の白飛び防止に役立ちます。

加えて、デジタル一眼カメラで起こる回折現象(小絞りボケ)の防止にもつながります。

まとめ

花火写真の撮影において厄介な白飛び。

白飛びを防ぐためには露出を下げる必要がありますが、花火撮影においては次の方法で対処できます。

  • 絞りを絞る
  • NDフィルターを使用する

特にNDフィルターを併用することにより、より効果的に白飛びを防ぐことができます。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。 写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
SNSやRSSでご購読いただけます

カメなれっ!の最新記事情報は各種SNSサイトやFeedlyなどのRSSリーダーでご購読いただけます。

Twitter

Facebook

RSS

Feedly

関連記事